2018年5月21日 (月)

興福寺の中金堂4

Chyu0521
5月21日。
ここ数日、あまり変わり映えしません。
Imgp8121s
西面も、大きくクチを開けたままです。

| | コメント (0)

2018年5月16日 (水)

興福寺の中金堂3

Chyu0516_2
5月16日のようす。
西側側面の幕板が開けられています。

| | コメント (0)

2018年5月12日 (土)

素屋根の撤去始まる興福寺中金堂

きのうから、いよいよ中金堂の素屋根の撤去が始まりました。
Imgp7409s

一日で素屋根板がすっかりはずされて、骨組みだけになっています。

屋根板がはずれて内部が明るくなりましたので、中金堂の形がおぼろげに見えるようになりました。

Imgp7397s

これから毎日赤い姿が眺められるのかと思うと、うれしいことです。

Imgp7391s

中金堂の再建が終わると、つぎにとりかかるのは五重塔の修繕ですね。
何年かしたら、しばらく、おそらく10年間は姿が見られなくなるのは寂しいなあ。

Imgp7400s

鴟尾には、まだ覆(おおい)が被っています。

Imgp7401s

鴟尾の覆いは、おそらく落慶法要の時に「パンパカパーン」と、取り外すのでしょう。

Imgp7404s

「興福寺友の会」会員にも何か特別なことを考えてくれているとの噂もあります。10月が待ち遠しいです。

Imgp7395s

般若の芝舞台では、一週間後の「薪御能」の舞台製作が始まっていました。
もう、チケットは手配してあります。これも楽しみ。

奈良は良いところです。

| | コメント (0)

2018年4月22日 (日)

いま盛り!春日大社のフジ

GWを待たずして、春日さんのフジが満開を迎えました。

Imgp6522s_2
開園後すぐ9時20分に着いたのですが、考えることは誰も同じで、みなさん早い早い。
もうここで、すでに甘くほのかに香ってきています。

Imgp6552s
近鉄のkipsカードで、団体料金扱いの100円引きになりました。ありがたや~。

Imgp6599s
みごとですわ。お天気で良かった~。

あたりは上品な甘い香りに包まれています。

どの花も7部咲きといったところですが、写真の右の通り「白野田」は満開にはまだまだかかりそうです。

Imgp6530s
「いずれが菖蒲か杜若」?青い色が目に染みて新鮮です。

Imgp6558s
人の手で立派に仕上げたのも風情がありますが、

Imgp6557s_2
高い木の梢にまで駆け上った自生の姿も野趣あふれて、見ていて壮大な気分になります。

Imgp6594s
ピンクや紫、青や水色、純白など、いろとりどりで高貴な香りに包まれて、時間を忘れます。

Imgp6620s
つつじや、

Imgp6626s
万葉植物の庭で勉強しながら隈無く歩いていましたら、気がついたら1時半を回っていました。4時間もおったことになる・・・。


つぎに春日さんにお礼のお参りに。
Imgp6654s
参道の丁々とした檜の梢にまでフジが駆け上っているのは、毎年見る姿。今年はことのほか元気が良いようです。

Imgp6661s
これが「砂ずりの藤」。

真ん中で後ろを振り返っているかたは、花山院宮司。きょうはスーツ姿です。気の張るお客様なのでしょうか?

Imgp6678s
御本殿のまわりは、フジの姿が随所で見られます。

Imgp6682s_2
見上げるばかりの力強さです。

Imgp6664s
砂ずりの藤。
むかしは本当に地面に付くほどの2メートルぐらい垂れ下がったのですが、最近は木が弱ってきたところへ、外国人観光客がいくら言っても、指でつまんで顔に近づけて写真を撮るからと、神職さんが苦笑しながらおっしゃってました。

Imgp6684s
若宮さんを見に行ったら、神事をしていました。

Imgp6692s
若宮さんのフジも見事ですよ。

| | コメント (1)

«春日大明神の灯籠(12基め・番外3基め・若宮追加)