2018年5月12日 (土)

素屋根の撤去始まる興福寺中金堂

きのうから、いよいよ中金堂の素屋根の撤去が始まりました。
Imgp7409s

一日で素屋根板がすっかりはずされて、骨組みだけになっています。

屋根板がはずれて内部が明るくなりましたので、中金堂の形がおぼろげに見えるようになりました。

Imgp7397s

これから毎日赤い姿が眺められるのかと思うと、うれしいことです。

Imgp7391s

中金堂の再建が終わると、つぎにとりかかるのは五重塔の修繕ですね。
何年かしたら、しばらく、おそらく10年間は姿が見られなくなるのは寂しいなあ。

Imgp7400s

鴟尾には、まだ覆(おおい)が被っています。

Imgp7401s

鴟尾の覆いは、おそらく落慶法要の時に「パンパカパーン」と、取り外すのでしょう。

Imgp7404s

「興福寺友の会」会員にも何か特別なことを考えてくれているとの噂もあります。10月が待ち遠しいです。

Imgp7395s

般若の芝舞台では、一週間後の「薪御能」の舞台製作が始まっていました。
もう、チケットは手配してあります。これも楽しみ。

奈良は良いところです。

| | コメント (0)

2018年4月22日 (日)

いま盛り!春日大社のフジ

GWを待たずして、春日さんのフジが満開を迎えました。

Imgp6522s_2
開園後すぐ9時20分に着いたのですが、考えることは誰も同じで、みなさん早い早い。
もうここで、すでに甘くほのかに香ってきています。

Imgp6552s
近鉄のkipsカードで、団体料金扱いの100円引きになりました。ありがたや~。

Imgp6599s
みごとですわ。お天気で良かった~。

あたりは上品な甘い香りに包まれています。

どの花も7部咲きといったところですが、写真の右の通り「白野田」は満開にはまだまだかかりそうです。

Imgp6530s
「いずれが菖蒲か杜若」?青い色が目に染みて新鮮です。

Imgp6558s
人の手で立派に仕上げたのも風情がありますが、

Imgp6557s_2
高い木の梢にまで駆け上った自生の姿も野趣あふれて、見ていて壮大な気分になります。

Imgp6594s
ピンクや紫、青や水色、純白など、いろとりどりで高貴な香りに包まれて、時間を忘れます。

Imgp6620s
つつじや、

Imgp6626s
万葉植物の庭で勉強しながら隈無く歩いていましたら、気がついたら1時半を回っていました。4時間もおったことになる・・・。


つぎに春日さんにお礼のお参りに。
Imgp6654s
参道の丁々とした檜の梢にまでフジが駆け上っているのは、毎年見る姿。今年はことのほか元気が良いようです。

Imgp6661s
これが「砂ずりの藤」。

真ん中で後ろを振り返っているかたは、花山院宮司。きょうはスーツ姿です。気の張るお客様なのでしょうか?

Imgp6678s
御本殿のまわりは、フジの姿が随所で見られます。

Imgp6682s_2
見上げるばかりの力強さです。

Imgp6664s
砂ずりの藤。
むかしは本当に地面に付くほどの2メートルぐらい垂れ下がったのですが、最近は木が弱ってきたところへ、外国人観光客がいくら言っても、指でつまんで顔に近づけて写真を撮るからと、神職さんが苦笑しながらおっしゃってました。

Imgp6684s
若宮さんを見に行ったら、神事をしていました。

Imgp6692s
若宮さんのフジも見事ですよ。

| | コメント (1)

2018年3月18日 (日)

春日大明神の灯籠(12基め・番外3基め・若宮追加)

御間道の「春日大明神」灯籠の向かいにも、1基発見しました。
Imgp3323s
折れて修復のあとも痛々しい「春日大明神」です。

さて今回で、「春日大明神の灯籠」探しも、ほぼ終わりました。

ほぼ終わり、というのは、ロープが張られたりしていて立ち入れないエリアがあるからです。
Imgp3422s



のこりの番外と若宮さんの追加をご紹介して、 終わりたいと思います。

Imgp3341
追加の番外は、二の鳥居の近くにありました。

Imgp3339_2
またまたニューバージョン、「春日大宮」!

もうここまでくると、「何でもあり」か?


また、若宮さんのお膝元でも、意外な場所に見落としがありました。
Imgp3411
石垣のうえに2基、並んでいます。

Imgp3409
「若宮社」。

ということで、立ち入り禁止エリア以外をつぶさに調べたところ、「春日社」でない石灯籠は、

「春日大明神」10基
「春日大神」2基
「春日御社」1基
「春日大宮」1基

番外として
「若宮社」2基
「春日若宮」1基
「夫婦大國社」1基

という結果になりました。

この過程で、若宮さんの周辺に「御師」と彫った灯籠を多く発見しました。御本社周辺ではあまり見かけません。かつては御本社には庶民は参拝できず、若宮さんが庶民信仰を引き受けていた、といわれていますが、灯籠からもそのことが推察できる結果となりました。
Imgp3310s
若宮さんから夫婦大國さんあたりは「御師」灯籠がいっぱい。

| | コメント (1)

2018年2月27日 (火)

春日大明神の灯籠(10基め・11基め)

さあ、このあたりから、スッと見つからなくなってきます。

文字面の風化がはげしくて、何度も何度も前を通っているのに、ぱっと見では気がつかず、最近たまたま見つけたものを二つ紹介します。

Imgp3284_3
こんなところにありました。剣先道の入口のそばです。
何百回、前を通ったか知れないというのに。

Imgp3283
これなんですけど、わからんかったのも無理はない。文字が彫ってあるのに気がつかんかった。

Imgp3282_2
「春日大明神」て彫ってありますよね?
こりゃわからんわ。

「わからんかった」の二つめは、
Imgp3415
若宮さんと結ぶ、御間道(おあいみち)の本宮遙拝所の立て札ヨコ。

Imgp3416
苔むした、石灯籠の見本のような御間型(おあいがた)灯籠でした。

Imgp3414
薄くなっていますが「春日大明神」でした。この御間道もなんべん通ってるかわからへんのに。

しかも、
Imgp3421_2
柳生街道の忍辱山寺の寄進でした。

これで「春日大明神」 「春日大神」コレクションは11基になりました。

| | コメント (0)

«春日大明神の灯籠(9基め・番外)