« 中世の山城 土丸・雨山城址へミニ登山   2020年1月19日 | トップページ | 2020.12.06 紅葉の犬鳴山でパワーを体感 泉佐野観光ボランティア協会 »

2020年10月10日 (土)

2020年9月26日のてくてくツアー 日本遺産・日根荘大木地区を巡る  彼岸花咲く棚田が広がる 重要文化的景観を楽しもう

 2020年9月26日開催のてくてくツアー 久し振りのツアーです。

火走神社に元気に集合いたしました。。39名のたくさんの御参加を頂きました。

新型コロナ対策により、検温を実施して、三密を避けるため集合次第順次てくてくツアーに出発しました。

まずは集合地の火走神社です。

延喜式の神名帳の日根郡10座の一つです。中世には「滝宮」と呼ばれる。神社には軻遇突智命(カグツチノミコト)といいう火の神様

が祀られている。

Img_0035

毘沙門堂、毘沙門天は南北朝期南朝に味方した楠木正成正成公の念持仏といわれる。

Img_0038

次は野那歩の吊り橋を渡りました。

       Img_0039 初めて渡りました。微妙な感じの吊り橋でした。

マゼの肘突き石です。Dsc_0077

蓮華寺といわれる集会所です。              Img_0044

傍らにある庚申塔です。                    Img_0043

香積寺跡は途中急斜面があり雨の為危険なため、手前にて説明をいたしました。

日根荘入山田村船淵村の寺院。室町時代からあったとされています。

途中東の池・棚田を通り抜け、昼食場所の西光寺へ。彼岸花が綺麗に咲いていました。西光寺へ急な坂道も整備されあまり疲れもなかったでDsc_0082 Dsc_0083

す。西光寺の本尊は木造薬師如来像及び両脇侍像を安置しています。

 次は禅徳寺です。

 

 曹洞宗の寺院で十一面観音像が祀られています。鐘楼、観音堂は今でも午前11時30分に時の鐘が響いています。

Dsc_0084 

禅徳寺を後にして、大阪唯一の重要文化的景観である農村風景を歩きました。

九条政基が1501年から現地支配を行った長福寺です。ここで「政基公旅引付」を綴りました。

Img_0048

長福寺の近くに円満寺があります。Img_0052 Img_0057御本尊は初めて見ることが出来ました。

円満寺は大木のの守護的寺として存在。政基公の居所からも近く窃盗の村人を寺に留置尋問、牢屋もあったとされる。

しばらく川沿いを歩きました。最後に雨山隧道取水堰を眼下に見ることが出来ました。

                          Dsc_0092

雨山隧道取水堰を最後の見学地として、またしばらく田舎の道を歩き境界橋のバス停へ向かいました。

長い道中でしたが全員元気に歩きました。皆様大変お疲れさまでした。ご参加ありがとうございました。

次回のてくてくツアーの参加をお待ちしております。

次回は10月24日(土曜日)天保古絵図の長滝と樫井古戦場跡を巡るです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

« 中世の山城 土丸・雨山城址へミニ登山   2020年1月19日 | トップページ | 2020.12.06 紅葉の犬鳴山でパワーを体感 泉佐野観光ボランティア協会 »

01.てくてくツアー」カテゴリの記事

カテゴリー

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ