« 2020.12.06 紅葉の犬鳴山でパワーを体感 泉佐野観光ボランティア協会 | トップページ | 2021.12.05 紅葉の犬鳴山参道をワクワク散歩 »

2021年10月17日 (日)

20211017_旧長滝村と熊野街道を歩く

2021.10.17(日)開催

泉佐野観光ボランティア協会企画・てくてくツアー

      旧長滝村と熊野街道を歩く

-------------------------------------------------------------

【行 程】

旧長滝村巡り→蟻通神社→八丁畷地蔵→塙団衛門の五輪塔→奥家住宅→淡輪六郎兵衛の宝筺印塔

→樫井古戦場跡碑

集合場所のJR長滝駅前です。参加者の皆さんが続々と受付に並んでいます。

参加者29名、ガイド・スタッフ等12名 総勢41名です。

1_20211017161601  

さぁ、いよいよ旧長滝村に向けて出発です。

2_20211017161601

明福寺 明福寺は、東の番にある。清福寺と同様、永福寺よりわかれ、

        真言宗寺院として創建されたが、後に浄土宗に転宗。

        現在、約140軒の檀家がある。主に東の番や東の番出身者で構成されている。

3_20211017161601

善光寺地蔵堂 禅興寺ゆかりの地蔵堂と伝えられます。建武2年(1335)銘の石仏があります。

         現在は、廃寺禅興寺の跡地に残存する古碑や石仏を1ケ所に集め、善光寺地蔵堂と

         呼ばれる小堂として遺存する。祭祀(さいし)しているのは、堂内西側より不動明王(掛軸)、

         阿弥陀如来(坐像)、地蔵(凡字板碑)、地蔵(凡字板碑)、弘法大師(坐像)です。

5_20211017161601

長滝薬師堂 長滝薬師堂は、禅興寺の薬師堂だったとされています。

        本尊の薬師如来は、眼の守護仏とされ、境内にある泉の水で

        眼を洗うと眼がよくなると伝えられています。

7_20211017161601

清福寺 清福寺は、西の番にあり、御本尊は阿弥陀如来立像と観音菩薩・勢至(せいし)菩薩を

              お祀りする浄土宗のお寺です。禅興寺の廃絶後に創建されたと伝えられています。

10_2021101716170112 


蟻通神社にて紙芝居 上演!!

17_20211017164101 16


八丁畷地蔵 樫井村と安松村は土地争いが絶えず、両村の中間地点八丁の地に地蔵を建てて、両村で

        お祀りすることで、争いごとをなくしました。

20

奥家住宅 奥家は南北朝時代にはじまり、足利方の樫井城を守っていた将監に任ぜられる。

       大阪夏の陣のあと、農業に従事し、樫井の庄屋でもあった。裏の土塀には「挟間」が残っている。

23

樫井古戦場跡碑 慶長20年(1615年)4月29日に大坂方の武将 塙団右衛門と岡部大学の 

              一隊が先を争って浅野軍に突っ込み、大野治房の援護が間に合わず塙は討ち死に、

              岡部は敗走し、これが豊臣の敗戦の原因となったのです。

24

参加者の皆様、お疲れ様でした。

次回のてくてくツアーは、

2021年11月13日(土) 「日本遺産 日根荘の世界を歩く」 です。

乞う、ご期待下さい。



泉佐野観光ボランティア協会

電話:072-458-3901 FAX:072-415-1427

Mail:sanonoeemon@rinku.zaq.ne.jp

【記:Suechan

 

« 2020.12.06 紅葉の犬鳴山でパワーを体感 泉佐野観光ボランティア協会 | トップページ | 2021.12.05 紅葉の犬鳴山参道をワクワク散歩 »

01.てくてくツアー」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

カテゴリー

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ