53.研修会のようす

楽しいご案内ができるように、がんばって勉強しています

2019年3月26日 (火)

2019年3月20日 泉佐野観光ボランティア協会 研修旅行 PMの部

午後は、いよいよ姫路城に向かいます。


        1_3


姫路城をバックに集合写真・・・のはずが、姫路城が写っていません。!?


カメラのアングル悪すぎ~。


2_2


この、姫路城が背景に映る予定でした。


          31


ガイドさんの案内で、いよいよスタートです。


30_1


天守閣から姫路の街並み。


              1_1


軸組構造模型


4_3


5_1


            7


桜もボチボチと咲きかけています。


2


姫路城を後に、バスでビンゴゲームに皆さん夢中で~す。


            2_1


1_2


最初にビンゴした、〇井さんです。


豪華な景品をゲットです。


あれぇ~、顔が見えない!!


Photo_1


天気も良く、絶好の研修旅行日和でした。


皆様、お疲れさまでした~。


Suechan:記


 

2019年3月20日 泉佐野観光ボランティア協会の研修旅行です

 泉佐野観光ボランティア協会総勢33名


泉佐野駅 7時45分過ぎ龍神バスにて 生石(おうしこ)神社 姫路城へと出発いたしました。


Img_20190325_175844_1


 阪神高速4号 5号湾岸線 ハ-バ-ハイウェイ 3号神戸線を通り第2神明へ。


途中明石サ-ビスエリアで休憩をとり、加古川バイパスから高砂北ランプを経由して生石(おうしこ)神社に到着しました。


バスの中では歴史にちなんだクイズ大会があり、大変参考になりました。かなり難しい問題が多く参加者も苦労した様子が見られました。


 


Dsc_0216


 


 生石(おうしこ)神社は兵庫県高砂市にある宝殿山山腹にある神社です。


麓にある鳥居から150数段の石段が神社へ向かって伸びています。


 


Img_20190325_110812 Img_20190325_181419


 


 石の宝殿と呼ばれる巨大な石造物をご神体としており、宮城県鹽竈(しおがま)神社の鹽竈、鹿児島県霧島神宮の天逆鉾(あめのさかほこ)


とともに「日本の三奇」のひとつとされている。


石の宝殿は国の史跡で、横約6.4m 高さ約5.7m 奥行約4.7mの巨大な石造物です。重さは約500トンあり背面に約1.5mの三角形があります。池中に浮いているように見えるので、通称浮石と呼ばれています。 


 


Img_20190325_175652


Img_20190325_175743 Img_20190325_175530


裏の高台にて参加者と写真をパチリ。


 


1553052696403


 石の宝殿のパワースッポトで強力パワーを感じたような気がしました。


生石(おうしこ)神社を後にして次の目的地姫路城へと出発いたしました。途中車窓より御着城を見ることができました。


別名茶臼山城 天川城と呼ばれています。1519年(永正16年)小寺政隆により築城されたといわれています。1579年(天正7年)に羽柴秀吉


に攻められ落城、廃城となった。別所氏の三木城 三木氏の英賀城と並び播磨3大城といわれています。


 


Img_20190325_110643


 いよいよ最終目的地 姫路城に到着しました。


その前に昼食タイムです。「イ-グレ キャッスル ミレ」で会席料理を大変美味しく頂きました。


食事の模様です。写真が逆行で暗くなって見ずらくなってしまいました。


 


Dsc_0235 Dsc_0234


 


ここまで参加者の方皆さん元気で研修旅行を楽しんでいます。さあ-昼からは姫路城です。楽しみです。


 


 

2019年3月20日 泉佐野観光ボランティア協会の研修旅行です

 泉佐野観光ボランティア協会総勢33名


泉佐野駅 7時45分過ぎ龍神バスにて 生石(おうしこ)神社 姫路城へと出発いたしました。


Img_20190325_175844_1


 阪神高速4号 5号湾岸線 ハ-バ-ハイウェイ 3号神戸線を通り第2神明へ。


途中明石サ-ビスエリアで休憩をとり、加古川バイパスから高砂北ランプを経由して生石(おうしこ)神社に到着しました。


バスの中では歴史にちなんだクイズ大会があり、大変参考になりました。かなり難しい問題が多く参加者も苦労した様子が見られました。


 


Dsc_0216


 


 生石(おうしこ)神社は兵庫県高砂市にある宝殿山山腹にある神社です。


麓にある鳥居から150数段の石段が神社へ向かって伸びています。


 


Img_20190325_110812 Img_20190325_181419


 


 石の宝殿と呼ばれる巨大な石造物をご神体としており、宮城県鹽竈(しおがま)神社の鹽竈、鹿児島県霧島神宮の天逆鉾(あめのさかほこ)


とともに「日本の三奇」のひとつとされている。


石の宝殿は国の史跡で、横約6.4m 高さ約5.7m 奥行約4.7mの巨大な石造物です。重さは約500トンあり背面に約1.5mの三角形があります。池中に浮いているように見えるので、通称浮石と呼ばれています。 


 


Img_20190325_175652


Img_20190325_175743 Img_20190325_175530


裏の高台にて参加者と写真をパチリ。


 


1553052696403


 石の宝殿のパワースッポトで強力パワーを感じたような気がしました。


生石(おうしこ)神社を後にして次の目的地姫路城へと出発いたしました。途中車窓より御着城を見ることができました。


別名茶臼山城 天川城と呼ばれています。1519年(永正16年)小寺政隆により築城されたといわれています。1579年(天正7年)に羽柴秀吉


に攻められ落城、廃城となった。別所氏の三木城 三木氏の英賀城と並び播磨3大城といわれています。


 


Img_20190325_110643


 いよいよ最終目的地 姫路城に到着しました。


その前に昼食タイムです。「イ-グレ キャッスル ミレ」で会席料理を大変美味しく頂きました。


食事の模様です。写真が逆行で暗くなって見ずらくなってしまいました。


 


Dsc_0235 Dsc_0234


 


ここまで参加者の方皆さん元気で研修旅行を楽しんでいます。さあ-昼からは姫路城です。楽しみです。


 


 

2018年3月15日 (木)

比叡山麓 石積みのある門前町・・・坂本を歩く

【研修ツアー パート2】

午前の研修を終え、芙蓉園にて昼食→日吉大社見学→旧竹林院見学と続きます

Img_2749

芙蓉園は重要伝統的建造物群保存地区にあり、国の名勝に指定されています

石垣は、加工しない自然のままの石面を巧みに用いた穴太衆積みで、自然な美しさを見せています

Img_2734_2
玄関には泉佐野観光ボランティアの看板がありました

Img_2736_2


Img_2740_3


Img_2737_2
三重の重箱のお弁当

「いただきまーす」

色々な食材は綺麗に盛り付けられて、とても美味しく頂きました

Img_2743

Img_2745_2
穴太衆積みの石の洞窟に入ると、とてもひんやりしています

今日の初夏のような日には天然のクーラーの中に居るようでした

Img_2746_2

西さんの行者姿とてもお似合いですね

Img_2747


のどかなお庭で皆さんくつろいでいます

Img_2748

白毫乃瀧も涼やかで素敵です

その後日吉大社へ向います

Img_0453
山王総本宮 日吉神大社を見学します

Img_0454

写真の上部森の中に、御本尊金大巌【こがねのおおいわ】の前の祠が見えます

Img_0455_2
大宮橋は、大宮川に架かる石橋です、綺麗な石組みの橋です

走井橋・二宮橋とともに「日吉三橋」と呼ばれ重要文化財です

Img_0456

大宮橋の近くに曲がりくねった大杉があります

日吉大社のパワースポットと言われています

Img_0463_2

西本宮楼門 

軒下の4隅にある、木像のお猿さんが楼門を守っています

みんな熱心にガイドの方のお話に耳を傾けています

Img_0464

西本宮本殿 日吉造り【ひえつくり】と言う独特な形で床下に仏事を営んだ「下殿」がある

ご祭神は大己貴神【おおなむちのかみ】

Img_0465


Img_0470


大きな獅子?が建物を守っています

Img_0476

神輿収納庫には7基の神輿が展示されています

4月には「山王際」というお祭り行われます

立派な鳳凰の飾りはついた神輿がありました

Img_0483

手紙の木 大きな「たらよう」の木があります

犬鳴山にもありますね

雄梛の木、雌梛の木もあり、それぞれのパートナーの幸せを祈ります

Img_0485

猿の霊石 猿が右を向いて座っています

猿は「魔を去る」などと言われ・・・

神猿さん(まさるさん)と呼ばれみんなに親しまれています

Img_2751

山王鳥居の前で記念撮影

合言葉は「 ハイ ワタリガニ~」

この鳥居の形は特別な鳥居で神仏習合を表す「合掌鳥居」と呼ばれています

最後は旧竹林院を見学します

Img_0490
元里坊 旧竹林院の見学

里坊とは、比叡山で修行した僧侶たちが天台座主の許しを得て住み込む隠居坊の事

坂本には50余りの里坊があり、穴太衆積みの格調ある土塀をめぐらした里坊が、びっしり並んで門前町の面影を残している

竹林院は八王子山(日吉大社のご本尊)を借景にした3,300㎡の庭園がある

Img_0492
座敷には雛人形がたくさん飾り付けられていました

ここ坂本は、男雛が向って右、女雛が左になっています

Img_0493

Img_0494


Img_0495


旧竹林院の方に丁寧な説明をしていただきました

皆さん熱心にお話しに耳を傾けていました

Img_0497


Img_0504_4


八王子山借景の素敵な庭を撮影して、本日の研修ツアーは終了です

皆様お疲れ様でした

とても楽しく有意義な研修ツアーを有難うございました

企画から実施まで、ご尽力いただいた研修ガイド部の皆様にお礼申し上げます

そして比叡山坂本観光ボランティアの方のガイドや、安全運転で目的地まで運んでいただいた竜神バスの方にお礼申し上げます











比叡山麓 石積みのある門前町・・・坂本を歩く

平成30年3月14日 快晴 暖かい一日   【研修ツアー パート1】

31名の会員参加、地元ガイドさんの説明の元、有意義な一日を過ごします

バスで出発、一路 滋賀県坂本へ

Img_2688_2


Img_2689


研修ガイド部中室さん・角谷さんのご挨拶とコース説明で出発です!

Img_2693

比叡山坂本観光ボランティアの方が同行

Img_2695_3


Img_2696

天台真盛宗総本山 西教寺の門前でガイド開始

Img_2699
穴太衆積みの石垣が美しい

Img_2702_2

Img_2716_2




鐘楼の前でガイド 梵鐘は平安時代の重要文化財

坂本城の陣鐘で明智光秀が寄進したものです。紐を引っ張って鐘を突きます

Img_2703_2

客殿 鶴の間、猿候の間、賢人の間、花鳥の間、上座の間(帝鑑)、茶の間という座敷には見事な狩野派の襖絵が描かれています(撮影禁止)

廊下の戸にも見事な虎の絵がありました

Img_2705_2


Img_2708

立派な鎌倉時代の聖観世音菩薩や色鮮やかな涅槃図を見ることが出来ます

Img_2709

明智光秀肖像

織田信長の比叡山焼き討ちの際、当寺の災禍をこおむりました

直後築かれた坂本城の城主になりました

Img_2710


Img_2711_2
猿が不断念仏を唱えて西教寺を守ったと言われている為、西教寺のそこかしこに猿が・・・

Img_2714_4


Img_2715_2
阿弥陀如来二十五菩薩石像

Img_2713
穴太衆庭園

Img_2717
本堂(江戸時代・重要文化財)には、御本尊阿弥陀如来坐像が鎮座まします

Img_2721_2

宗祖真盛上人の「身代わり手白猿」で鐘を打ちながら不断念仏を唱えました

Img_2723

明智一族の墓

Img_2730

天台真盛宗総本山西教寺の見学を終えて

皆さん揃って記念撮影です 「ハイ ワタリガニ~」



2018年1月31日 (水)

犬鳴溝

2018年1月31日研修として、犬鳴線バス停一庄橋から 犬鳴林道東山側線を300m位登ったところから、犬鳴溝に沿って歩いた。 上大木の東池までの溝、東池は今は改修中、田植えの時期までに完成し、溝も掃除して水を流すそうです。 以前は棚田だったと思われるところがたくさんあり、昔をしのぶことが出来、楽しい研修となった。
Img_0754003 Img_0756002_2
 
 
 
 

2016年7月26日 (火)

ブログの練習

みんなで挑戦

Photo_7

ブログ練習 3回目

みんなで 練習しています

乞う ご期待!!

Photo_3

2016年5月 9日 (月)

只今!!第三回ブログ研修中

 吉野会長、呆れ顔!!!

P1010773s

2016年4月12日 (火)

ブログ研修 第2回目実施

Dsc_5879_2

本日、ブログ研修2回目で

す。新人さんも加わって、前

回の復習をしながら、新しい

ことを教えていただきました。

いくつになっても新しいことを

学ぶのはワクワクものです。

今日は、「画像のサイズ変更」と「リンクの張り方」を教えていただきました。

では、おさらいで蟻通神社へ飛んでいって、今度のてくてくのために予備知識をゲットして

みたいと思います。。。。。どうやら無事蟻通神社へ飛んで行くことができそうです(*^^*)y

吉野会長、ありがとうございました!出席の皆様、お疲れ様でした!

次回は5/9(月)10:00~です!

より以前の記事一覧

カテゴリー

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ