« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

七宝の実習

今日は貴重な体験。

七宝焼きの実習です。

 

七宝焼とは、金・銀・銅などの金属素地に、ガラス質の釉薬(ゆうやく)を施し、電気炉に入れて焼成、彩色を 見ながら数回繰り返して完成させるもので、宝石のような美しい彩りと輝きを持つことから「七宝焼」と呼ばれます。

古くは、エジプトを発祥とし、ツタンカーメンの黄金のマスクなどにもその技法が使われています。

ヨーロッパや中東アジアにも伝わり、各地で独自の製法や技法、意匠の発展があり、装飾品や教会などの建造物に も用いられ、近年では自動車のエンブレム

(フェラーリやアルファロメオなど)にも使われました。

 

もちろん、メガネフレームでもサイドの装飾などにもよく使われている技法です。

Photo

今日の題材はこちらです。チョウチョ

 

Photo_2

カラフルな着色料も用意

 

Photo_3

先ず、裏面に釉薬を塗り、

Photo_4

温風器で乾かします。

Photo_5

ガラスの微粉末を水で洗います。

Photo_6

いよいよ、表面を塗ります!

Photo_7

柄を考えて思いの色の釉薬を塗る!

なるべく薄く均等に!細く狭いところを塗るのが大変!

どんな柄になるのか、焼いてみないとわからない!

 

Photo_8

 

あとは運を天に任せ、待つのみ!

 

Photo_9

900度の炉を扱う梅岡先生...カッコイイ!!

Photo_10

 

ジャジャーン♪

とっても綺麗に完成~

でも梅岡先生、蝶々はこまかく難しかったな。

今度はもっと簡単なんにしてね~

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月29日 (月)

めざせ!カラーコーディネーター

前期授業の目標は“カラーコーディネート”3級。

資格取得の為の勉強です。

3級合格者には、「アシスタント・カラーコーディネーター」の称号が与えられます。

 

たとえば「赤」をイメージしてみてください。

真っ 赤なバラを想像した方や、赤いマニキュアを想像した方もいるでしょう。

 

一言に「赤」といっても、色の種類はさまざま。

カ ラーコーディネートとは、たくさんある色の中から微妙な色の違いを見極めて、効果的に色をコーディネートできるスキルの ことです。

 

Photo

 

今日はテキスト6章『色の対比と同化』

なんか難しそうな内容!?

そんな事はないですよ。

 

Photo_2

 

色は1色で見るとキレイだけど必ず隣や後ろに色があり

その配色によってお互いの色が影響し、見え方が違ってくるという事を“配色カード”を使って確認してもらいます。

これを知っておくと、メガネとレンズカラーの合わせ方やトータルカラーコーディネイトまたは

ディスプレー、チラシ、ポップ作りの時の配色にとても役立ちます。

 

Photo_3

 

「テキスト用紙に四角の升目に配色カードをキレイに貼ってよ~!」っと言っているのにみんなバラバラで好きな大きさに貼っています。(´Д` )

 

Photo_4

 

だからみんな個性的で面白いそしてなかなかセンスがありますね〜。

そんなんやけど理解度も高いです。

これでカラーコーディネート3級 は合格ですねgood

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月26日 (金)

重鎮先生

本日も重鎮登場。

学校法人銀海学園理事長、西村先生です。

 

Photo

 

西村先生は眼鏡店だけでなく

大阪大学医学部のインターンの先生方にも講習されるなど

眼科医師からも信頼の厚いのです。

もちろん、眼鏡学校の講義も眼の医学。

よくある病気からむずかしい症例まで講義されます。

 

Photo_2

 

Photo_3

 

独特の話の“間”があり、私も学生時代は講義を受けましたが今でもモノマネをしやすい先生です。

Photo_5

むずかしい漢字と英語にふりがな ふらないと!!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月25日 (木)

ゴールドマン

この大きなお椀に顔をつっこんでいる光景はなんでしょう?

 

Photo

 これは『ゴールドマン視野計』といいます。

ドラゴンクエストの『ゴールドマン』とはちょっと違いまっせ!

Photo_2

 

一般の眼鏡店に置いている事はほとんど無く

眼科病院でも大きな総合病院くらいしかありません。

 

Photo_3

 操作もかなりアナログで熟練を要する仕組みですがハンフリー視野計と異なり、動いてくる光を用いて検査をする ので「動的」、光の強さ・大きさを変えて感度を調べるので「量的」と表現でき、動的量的視野検査と定義されます。

 

ゴールドマン視野計での検査結果は疾病の診断の他、身体障害者の視覚障害による等級判定にも用いられるほど現 在でも重要な検査です。

 

今回の視野検査では前回授業で使った“視野狭窄メガネ”をはめたままで測定をおこない、疑似的に疾病患者を測 るような授業です。

Photo_5

“視野狭窄メガネ”をはめたままで測定

Image1

“視野狭窄メガネ”をはずして測定

Photo_4

 

国家資格の視能訓練士でさえ、慣れていないと上手に使えないので学生もぎこちない手付きながら頑張っています。

こんな経験は普通のメガネ屋さんは出来ませんよ。

 

 

 

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月24日 (水)

整頓は技術者の常識!

いよいよ3年生は実習へ。

残された在校生の授業もあと少し。

もうじき在校生も実習が始まります。

この日は今まで散らかしてきた?検眼レンズをキチンと清掃して並べ直しです。

 

Photo

 

目を検査する場合、これらのレンズを組み合わせて度数をつくり、装用テストを行います。

この沢山のレンズの中からパッと取り出すには整然と整理されていないとできません。が…

どうしてこんなに入り混じっているのでしょう???

 

Photo_2

 

ちゃんとあった所に収める事がなぜできないのか?と先生に聞くと

桂先生「なんでやろな?必要なレンズがなかったら、つい隣から借りて、そしてそのまま… それがあかんねん…」

 

ブログをお読みになっている眼鏡店のかた、もうしわけありません。

「そんなんありえへんやろ」と思われますがテストレンズだけで何セットもある学校ならではの問題です。

 

(担当の先生にもよります) shadow

Photo_3

 

これで整然とした状態♪

8月にはSS級 認定眼鏡士試験が当校で行われますので

その時にサッとレンズが出せないといけませんものね。

 

頑張ったひとみちゃん、お疲れ様でしたheart01

 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年6月23日 (火)

ブロックストリング

久しぶりに校長先生登場です。

実は随分前に校長先生よりネタをいただいていたのですが、

筆者の勉強不足により、書くのが遅くなってしまいました。

(筆者も理解してないと書けません。10数 年前の授業では習っていないと思い

ます)

 

Photo

この日使っているのは『ブロックストリング』という

生理的複視を利用した、両眼視機能をトレーニングする教材です。

アメリカのオプトメトリストが使っている道具だそうです。

 

Photo_2

3つの玉に 一定の間隔でピントを合わせていくことで、

左右の目の融像視や 同時視、立体視といった視機能が飛躍的に向上します。

さ らに、ピントの調節力もよくなる 画期的なトレーニング方法です。

 

トレーニングのやり方 (強度近視の方は眼鏡を使用してもらって結構です。)

まず3m先、のビ-ズを5秒~10秒見るそして次に1.5m、 2m90(目の前10cm) と順番に5秒~10秒見ていき遠く、真ん中、近くと繰り返します。

この時に見ているビ-ズ以外のビ-ズが二個になっているのを確認しながら行います。

またビ-ズの上でひもがクロスする事も確認します。(生理的複視の自覚)

これを5分~10分間繰り返します。

遠 いところ(3m先)→真ん中(1m50cm)→近いところ(目の前10cm

ロー プを見ていると気づきますが3mの先のところではロープはX字に交差していませんがその手前ではロープがX字に交差しているように見えます。

 

Photo_3

交差している所を両目で焦点をあわせようとします。

見え方が正常では焦点が合いますが両眼視がうまく出来ていない時はロープが片方の目だけ で見ているみたいに1本に見えたり、2本に見える時もあれば途中で片方が消えて見えなくなったりします。

そ れぞれ良く見える方の目の情報だけを脳が選択し両眼で見ているようで両眼視してないのです。

これを目の抑制といいます。

これは斜視、弱視 が原因であることが多いのですが、そうでない方にも抑制は起こります。抑制が起こっていると視力が良くても見づらくなることがあります。

この『ブロックストリング』を使ってビジョントレーニングをしていると視機能アップが期待されるのでプロのア スリートもされているそうです。

 

Photo_4

気さくな校長先生、実はSSS級 認定眼鏡士でありマイスタ-より格上のドイツ国家資格

(専門学校を卒業しないと得られません)を持っています。

両眼視機能とフィッティングの分野で日本を代表する偉大な先生です。

いっ つも車のキーを探してるお茶目な所もありますけど…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月22日 (月)

お昼休み

一日で一番楽しい時間...お昼ご飯

本日は、みんなの昼食をご紹介いたします。
現在の学生は、とてもヘルシーなのです。
野菜と大豆を取り入れたメニューが目立ちます!
納豆・冷や奴・ボイルもやし
3
厚揚げ・納豆   誰かが炭火焼き鳥投入
1
鶏肉の水炊き
2
卵焼き・キャベツのコールスロー・スープ
6
豚しゃぶしゃぶ
10
宮崎の炭火焼き鳥・切り干し大根
7
では、調理の様子を.....
5
ナイス フライパンさばき!!
8
味見....この顔...面白すぎ!!!
白衣の君もあきれ顔
私にも味見を強要されましたが、拒否!!!
12
女子はいつも手作りお弁当よ(*^-^)
4
空腹のあまり吉田先生..何やら怪しげな行動をしています。
11
楽しいお昼の様子でした♪
 

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年6月19日 (金)

実習が始まります

3年生は、今日で前期試験が終わりました。

来週からは、眼鏡店実習そして病院研修に入ります。
実習に向けて、3年生にインタビューしました。
眼鏡店実習に向けて...
 学校で疑問に思ったことを実際の現場で自分の目で見て学びたい
 色々な商品を見て触れるのが楽しみ
 どんな感じで営業しているのかを見たい
 授業で色々なお客様がいらっしゃることを習ったが、実際に見られることが楽しみ
病院研修に向けて...
 不安でいっぱい
 いろいろな眼疾患を勉強したい
 
先生から、一言...
 実習先の指導の方や、スタッフの方々と上手にやりなさい(嫌われるな!!)
 
3年生のみんな!ファイト!一発!!!
Img_9996
先輩とのしばしの別れを惜しむ!
Img_9993

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年6月18日 (木)

言葉の問題ではありません!

特別授業の『商業簿記』です。

すいとう?

水筒ではありません。出納…

たいしゃくたいしょうひょう?早口言葉のよう…

効き慣れない言葉ばかりです。

 

そんな授業を解説してくださる大久保先生です。

Photo

あの松岡修造さんを思わせる熱血授業です!

Photo_4

教室の外まで声がしっかり聞こえます!

学生の質問に、熱血指導!

Photo_3

でも、とても面白い先生です!

Photo_5

大久保先生よりコメント

簿記の目的は、会社の体力や稼ぐ力の見える化を図ることです。そして、簿記の技術を用いて数値化された書類 は、言わば会社の診断書です。己を知るものです。

この診断書は、会社が成長する戦略を立てる上で必要不可欠ですし、外部の人に会社の健全性を知ってもらう場合 には証明書にもなります。

将来、経営者になる方は勿論、ビジネスパーソンにとって簿記は、大変有益なものです。

皆さん午後からの授業で、猛烈な睡魔と闘いながら頑張って聞いてくれています。

Photo_2

追試の無いようにテストも頑張りましょう!』

 

 

実際のメガネ屋さんで簿記が出来ない方も沢山見てきました。

「わしゃ、税理士まかせやねん」

といわれるお店はやはり、商売が丼ぶり勘定になり上手くいくはずもありません。

自分の商売を管理する、人の会社を評価するという事は人生上不可壁になりますので、ここで一生懸命覚えてくださいね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月17日 (水)

器具は大切に!

レンズのカーブを測る『カーブ計』がこわれて

針がとれてしまいました。

 

Photo_6

 

こんな時も時計職人さんにかかれば簡単?に直ります。

Photo_2

 

Photo_3

 

直した後は正確に機能するかを確認します。

誤差を微調整。

 

Photo_4

 

Photo_7

これでちゃんと直りました。

 

皆様、器具は大切に。丁寧にお使いください。

張先生が喜んでいました。

はは~~~ん、なるほど~~~.......

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月16日 (火)

学校近くの珍百景

眼鏡学校から車で5分 ほどの所にある風景。

Photo

 

車で移動中にも目につく看板が…

ナニコレ珍百景 .......で はありませんが

近づいてみると学習塾のキャッチコピーのようです。

Photo_2

あまりにインパクトがありすぎて取り上げました。

 

今週は3年生の期末テストウィーク。

これを過ぎると眼鏡店研修、そして病院研修と

実地研修に行ってしまいます。

学校の先生としては

「失敗してほしくない」

「実りある収穫を得て欲しい」

など様々な想い・期待がありますので

 

この看板の様に『宿題大盛』で送り出さないといけませんね。

このブログを見られている先生、大盛りと言わず

特盛つゆダク メガサイズで一丁!

景気よく出したってくださ~い。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月15日 (月)

基礎教養『芸術』

今期から「芸術」も担当している船本先生です。
日本眼鏡技術専門学校に入学する前、大学時代は「美学」、大学院では「音楽学」を専攻されていました。
Image3
ここからは、船本先生から.....

英語の「art」には、「芸術・美術」と「技術・様式」の二つの意味があり、語源をさかのぼれば、「人の手になるもの」という意味のラテン語「ars」という言葉にたどり着きます。

 

美しいものを見た原始の人類は、それをかきのこそうとしました。古代の洞窟に残る牛の絵などが有名ですね。つまり、始まりは、自然の模倣でした。

 

絵画の表現方法は、すでに一度完成の域に達したと思っています。15世紀ドイツの画家、A.デューラーの自画像の写実性には今でも驚かされます。

 

その後、対象の写実性よりも表現者の内面を表現するようになり、写真の誕生を見て、絵画の写実性は忘れられようとしました。しかし、現代の日本では、アクリル絵の具などの新しい画材を用いて、さらに写実的な絵画が誕生しました。

Image2

 

この日の講義では、21世紀日本の写実絵画を鑑賞し、芸術、美術の本質に触れました。

 

ところで、美術館で写真のように写実的な絵画に感動したあなたは、その「絵葉書」をお土産に買いますか?

Image1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月12日 (金)

これから流行るレンズ

今日も特別授業。

昭和光学の西田先生によるレンズの授業です。
お題は“偏光・調光レンズ”
昔はガラスレンズだけでしたがプラスチックレンズが普及し
その後、紫外線が有害であることを意識するようになり
偏光レンズや調光レンズが開発されました。
調光レンズのマーケットシェアは日本では1%ですが アメリカでは20%以上あります。
Photo_2
 
Photo_3
外の照りつける光をコントロールする調光レンズ。
紫外線ばかりでなく眩しさも減り目が楽になります。
Photo_4
 
偏光レンズはドライブに最適。
Photo
路面の反射やダッシュボードの照り返しもカットします。
Photo_6
西田先生より、
学生さんにはレンズの特性をよく理解してもらって この便利なレンズを世の中に広めて欲しいです。 との事。
是非、昭和光学へご用命ください。 http://www.showa-opt.co.jp/

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月11日 (木)

焦点の確認

D(ディオプトリー:レンズ度数の単位)の焦点f(距離)を

求めることを机上の授業でやっていましたが

これを実感するために実験を行いました。

 

Photo

 

実験ってやっぱり楽しい♪

みんなであーだこーだ、言いながら設置します。

 

Photo_2

 

このレール上にレーザー、レンズ、焦点となる黒板を設置します。

レーザーで凸レンズを通して光が一番集まっている所を目で見て決め、

数字の計算と合っているかを確認します。

 

Photo_3

 

この授業は歴史があり、筆者である私(17年 前に卒業)も同じ授業を受けた覚 

えがあります。

 

光って視覚的には漠然としてわかりにくいですがレーザーの強い光線ではっきり 

確認。

 

この経験は社会人になってからもずっと覚えている事でしょう。

そして、張先生というもの凄い先生に教わったことは、宝物になる事でしょう。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月10日 (水)

まんなかが見えない

さて、先週の“視野”の体験授業の続きでございます。

 

前回は視野狭窄で中心しか見えませんでしたが、

“今回は中心部分が欠けて見えない”

体験ツールで実感できます。

 

Photo

校長も体験

Photo_2

 

目の中心部にある錐体細胞は ものをはっきり見る機能と色を感じる機能をも

ち、周辺部にある桿体細胞は明暗を認識し、暗い所でものを見る ための機能と 

周辺視野の機能をもっています。

 

しばらく学校の中を歩いてみますが

当然、中心の視野が欠けると著しく見えにくくなり

つまずきそうになります。

 

 

 

Photo_3

 

またまた…

誰やコラー!

体験ツールにいらんモノつけたのは。

 

Photo_4

田邉先生は、おもしろいね!と言うてくれましたが...

これがこの学校のイイ所か?

中心暗点に目玉、口とマユゲまで付いてアリの女王様!?

....ツケマもついてます!!

 

Photo_5

 

最後はツールを付けたまま卓球大会です。

結果はご想像通り。

見ようとしたところが真っ暗になる。

本当に不自由を体感しました。

視野の掛けたお客様の気持ちも理解できたと思います。

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月 9日 (火)

見栄えが大事!!

大阪の眼鏡学校には視力測定用の最新視力表があります。

NIDEK製LEDの多機能視力表で様々な検査に活用できます。
 
ですが… 視力表を取り付けた先が元々あった表を片づけた後で バックがとっても悪かった…
1
今日、中尾先生が内装用ダイノックシートを持参して 学校の片隅で内職を始めました。
3
このダイノックシート、実は世間の色々なところで活用されている “シール”なのです。
エレベーターの内装や商店に多く使われています。
石っぽい物から木目調、カーボン調など種類も様々。
2
4
先生もメガネ屋よりも本職と疑うような慣れた手つきで シートを張ります。
Image1
表面のデコボコは本来、ドライヤーで熱をかけますが ここは眼鏡学校。 とある熱のでる道具で代用です。
Image2
できあがり、綺麗になったでしょう。
Image4
せっかくの視力表も見栄えがあがりました。
Image5
まぁ~何と言うことでしょう~~~!!
topの写真と比べてください!!
検査する人も、検査される人も
気持ちいいではありませんか~~!!
でも検査担当の先生が気づいたのは講義終盤でしたが…
ど言うこと?!
中尾先生 シート代と技術料は、学生のheart01でお返ししますwink

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月 8日 (月)

職業倫理

今日は黒瀬先生の『職業倫理』

ちょっと難しいお題ですが、これと向き合わないと

社会人として仕事できません。

 

「職業倫理」とは、ある職業に就いている個人や団体が自らの社会的な役割や責 

任を果たすために、職業人として の行動を律する基準・規範のことです。

 

具体的には「何を目標として、どのように働くべきか」といったことを中心的な 

内容ですが、黒瀬先生の重要視さ れているのが“リスクと危険”です。

 

Photo

 

人と接し、販売する上で必ずリスクが存在します。

先生が丁寧に説明されます。

 

 

ちょっと宣伝も兼ねて…

日本眼鏡販売店協会の小売組合に加盟すれば

眼鏡店向けのPL保 険に加入できます。

作ったメガネのレンズが運転中にはずれてお客様が事故されたり

店舗内でのお客様の転倒なども補償されます。

大阪でお商売されている読者でご興味ある方は

大阪眼鏡専門小売協同組合事務局までご相談ください。

 

なお、組合事務局は学校内にございます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 5日 (金)

ケッチャムセミナー

 昨日は大阪・梅田で行われた

“ライフスタイルと生活環境を評価する視力(視機能)測定”
と銘打たれたセミナーに学生と先生、皆で参加してきました。
Photo
講師はDr.ジョ ン・H・ニシモト 先生 (マー シャルB.ケッチャム大学 副学長 兼 教授)
Photo_2
アメリカ、ドイツ、フランス、シンガポール、韓国や台湾などの
世界45か国では、眼鏡の調整をおこなうにあたり 公的資格を有していることが定められています。
レンズの位置が少しズレているだけでめまいや吐き気など、 眼鏡の不一致が健康に与える影響を考えれば納得できることですが 日本では特に公的資格の取得は求められていないのが現状です。
 
Photo_3
本セミナーでは、 眼鏡技術者が顧客のライフスタイルや作業環境、 趣味などに合った眼鏡を提供するための、 様々な検査・測定法について述べます。
Image2
講 義内容としては、注意深い問診、 カバーテス卜や眼球運動検査などの予備検査、 屈折測定、両眼視機能、加入度の決定、等の方法が含まれます。
上 記の検査・測定から得られたデータの分析や、 眼鏡レンズのオプションを含めた対処方法についても議論します。
Photo_4
日本各地からやる気のある眼鏡技術者が集まり、講義に聞き入ります。
学生には講義だけでなく、社会人の『やる気』も感じて欲しいですね。
Image1

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月 4日 (木)

レンズのプロの先生

今日の授業は『レンズの歴史』

特別講師としてレンズメーカー『昭和光学』より 西田先生に講義して頂いています。

 

西田先生は本学の卒業生でもあり、レンズのプロフェッショナルです。

Photo

 

Photo_2

 昔は白内障手術をすると

目の中にある水晶体を取り除き

それに替わる強い度数の凸レンズを

メガネで掛ける必要がありました。

Photo_3

 

Photo_4

度数が強いと、ちょっとした視線のズレでも

収差という誤差が大きく生じ

加工も大変です。

Photo_6

 

現代では眼内レンズの普及で減ってしまいましたが

需要が無いわけではありません。

レンズの特性を知ってどんなレンズでも対応できるように

頑張ってください。

 

…って言ってるそばからレンズを使って遊んでる~

Photo_7

遊んでいるのではありません!!!

体験しているのです!!!!!!!

Photo_8

 

おまけ

西田先生、勉強熱心なので光学の張先生に何か教えてもらってます。

 Photo_9

張先生 「しゃ~からな!こうなるわけや!」

 

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2015年6月 3日 (水)

卒業生の助っ人

昨日は卒業生が遊びに来てくれて

ついでに授業のお手伝いもしていただきました。

 Photo

 

視力検査の授業は生徒がお互いに測定していると

相手の度数がわかってしまってマンネリになります。

 

Photo_2

 

初めて測る目は新鮮♪

あまり話したことのない在校生は

いい意味で気を使わなければならず

ぴりっと緊張した測定授業になります。

Photo_3

 

その割には和気藹々な雰囲気に見えますか?

桂先生、先日昆虫採集で転倒され

左手にギプスを巻いた、痛々しい恰好です。

(ほんまはブログNGと言われましたが...)

 

卒業生がいい助っ人になりました。

読者の卒業生もたまには遊びに来てくださいね~

検査のイケニエにされるかも知れませんがcatface

是非、イケニエになってくださいませheart01

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2015年6月 2日 (火)

ツーポイント特訓

本日の授業は「加工技術」

今日からいよいよツーポイント(縁なし)のミッチリ特訓です。

Img_0725

レンズに穴をあけるので失敗するとやり直しがきかないので生徒も苦手意識が強い加工です。

Img_0726

普通、小売店ではハンドドリルを使いますが今回は全て手作業。

Img_0724

時間は掛かりますが失敗のない進め方です。

生徒もしっかり作れると自信がつくでしょうrock

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月 1日 (月)

視野の気持ち

Photo

教室の窓を開けての授業が気持ちいい季節です。

 

さて、今日の授業は『ロービジョン体験』

Photo_2

 

 ロービジョン体験キットで

手持ち式視野狭窄体験メガネ、白濁体験メガネを作って

実際の患者さんの気持ちを体験しました。

Photo_3

 

Photo_4

 

視野が狭まると視力が良くてもつまずいたり

生活に不都合が多くなります。

でも視野が欠けている人って結構いらっしゃるんですよ。

 

Photo_5

 

実際に向こうに人の顔が見えますがその他は真っ暗。

白濁体験も白内障など眼疾患をお持ちの方の気持ちがわかります。

Photo_6

 

「恋は盲目」といいますが、実際には狭窄なんだな…

 どこに目を付けて学習してんねん!

 

 

    

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »